洗髪で皮脂のなくてはいけない分さえも

取り除いてしまっては、頭皮を乾燥しないようにと体がいつもよりたくさんの皮脂を分泌しようとする作用が働きます。

それとシャンプーをしっかり流しきらないとそれは頭皮を刺激する原因になり、この場合も皮脂の分泌を増やします。

ヘアドライは、ドライヤーを使わないと髪はもちろん頭皮の水分もしっかり乾かしきることはできず、体温によって残った水分が蒸れてしまい、皮脂が過剰に分泌されてしまう原因となります。

とは言えドライヤーで頭皮を乾燥させ過ぎてしまうこともあり、それもまた皮脂を余分に分泌させることになります。

精神的なストレスは、体内のホルモンバランスを狂わせます。

そのことで、皮脂分泌に影響が大きい男性ホルモンが活発に分泌されれば、皮脂も多く分泌されることとなります。

加齢によって皮脂の分泌量と肌の水分量のつり合いが乱れ、結果的には皮脂過剰な状態になってしまいます。

食事では、顕著な好き嫌い、とりわけ揚げ物や甘いものをたくさん食べると皮脂の分泌が活発になります。

乳製品、果物、お菓子に含まれる糖分は、余分に皮脂を分泌することとなりますので、糖分が多いものを食べ過ぎるとそれだけ余慶や皮脂が増えることとなります。

汗っかきでもそうでもなくても頭皮のニオイチェックの方法は、指の腹で頭皮をこすります。

そしてその指の臭いを嗅いだ時、臭かったら残念ながら頭皮に臭いがあるということです。

他には、ドライヤーを利用してセルフチェックできます。

乾いた髪にドライヤーで後頭部から前に風を送り、その風がクサいと思ったらば、頭皮は臭いを発していると考えられます。

こういったやり方は、男性・女性、大人でも子供でも2歳の幼児でもすべての方に有効です。

枕が時間をかけて何度も皮脂が付くのとは違い、頭皮を直接触れて臭いがするのは、臭いのもとを作る菌が活発なのか、余分な皮脂を取り除けていないことが考えられます。

皮脂は、指で擦った時にオイル感があるときは、過剰に分泌されていることなので、その対策として治らないことはありませんから余分な皮脂はしっかり洗い流すことを心がけてください。

頭皮の匂いに効くシャンプーは、コンビニかドラッグストアで買うつもり。

ミノン薬用ヘアシャンプーはノンシリコンだけど、良い感じかな?ミノンは、アミノ酸系の成分で洗浄するので、頭皮への刺激が少なくていいね。

合成界面活性剤もなし、この点はOKだけど、防腐剤としてはメチルパラベンが入っているので、頭皮トラブルがないときは全然オーケーだけど、傷とかがあるとアレルギーを発症するくらい悪さするので気を付けないと。

とりあえず大人だけじゃなく、中学生でも使えそうなので、うちの家族には合ってるかも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする