皮脂が過剰に分泌される原因は、

洗髪、ヘアドライ、ストレス、加齢、食事といえるでしょう。

洗髪、つまりシャンプーで必要以上に皮脂を取り除いてしまっては、逆に乾燥から頭皮を守るため通常時よりも多くの皮脂を分泌してしまいます。

それとシャンプーをしっかり流しきらないとそれが頭皮の刺激となって、この場合も皮脂の分泌を増やします。

ヘアドライは、タオルだけでは頭皮も髪も水分をしっかり乾かしきることはできず、体温によって残った水分が蒸れてしまい、それが皮脂の過剰分泌につながります。

とは言えドライヤーで頭皮を乾燥させ過ぎてしまうこともあり、やり過ぎの乾燥は皮脂を余分に分泌させてしまいます。

精神的なストレスは、体内のホルモンバランスを狂わせます。

それにより、皮脂分を促す男性ホルモンが過剰に分泌されると多くの皮脂分泌になってしまいます。

年齢を重ねることで、肌の保湿と分泌される皮脂の量のつり合いが乱れ、相対的には皮脂の分泌が多くなってしまいます。

食事については、顕著な好き嫌い、とりわけ揚げ物や甘いものを食べ過ぎると皮脂は増える傾向にあります。

お菓子や果物、それと乳製品の糖分は、余分に皮脂を分泌することとなりますので、それらの食べ過ぎはそれだけ余慶や皮脂が増えることとなります。

頭皮の臭い消しシャンプーは、楽天かヤフーショッピングかamazonで買おうと思う。

ミノンとかよく耳にするけど、良い感じかな?ミノンは、アミノ酸系の成分で洗浄するので、頭皮への刺激が少なくていいね。

合成界面活性剤も使われていないからまあヨシとできるけど、防腐剤はメチルパラベンなので、頭皮トラブルがないときは全然オーケーだけど、傷とかがあるとアレルギーを発症するくらい悪さするので気を付けないと。

とりあえず大人だけじゃなく、中学生でも使えそうなので、うちの家族には合ってるかも。

皮脂は、頭皮のニオイに大きく影響しています。

というのも皮脂は、ニオイのもと肌の常在菌(マラセチア菌)のエネルギーになるからです。

皮脂が分泌されるのは、皮脂腺です。

皮脂腺は体中にありますが、とりわけ頭皮の皮脂腺の数は最も多いです。

つまり、常在菌が生き続けるための餌をより多く作り出して、ひいては、常在菌が増える要因でもあります。

常在菌が増えることで、必然的に悪臭も増えるというわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする