皮脂は指で擦った時にテカテカした感じなら

過剰に分泌されていることなので、その対策として治らないかもと諦めずにその分はキチンと洗い流すことを心がけてください。

頭皮の匂いに気づいたとき、消臭スプレーでごまかしたが、長くはもたなかった。

もしかしてこのニオイはある意味病気?頭皮の臭い対策シャンプーはもちろん使っているが、洗っても何をしても治ったとは思えない。

臭うなと感じたときは、ドラッグストアーでおすすめのポップを見て購入し試したが、変わったような気がしなかった。

人に効いても自分には効かないということもあるのだろうか。

頭皮のニオイは、皮脂によって変わります。

というのも皮脂は、脂肪酸のニオイを発生させる肌の常在菌が活動するためのエネルギーになるからです。

皮脂は、皮脂腺から分泌されます。

肌のすべてに皮脂腺はあって、特に頭部には多いです。

それは、常在菌が生き続けるための餌をもっとも分泌する場所であり、結果的には常在菌を増やす好条件にもなっています。

常在菌が増えれば、必然的に悪臭も増えるというわけです。

汗っかきでもそうでもなくても頭皮臭いか?ときになるとき、指の腹で頭皮をこすります。

そしてその指の臭いをチェックして臭いと感じたならば、残念ながら頭皮に臭いがあるということです。

その他、ドライヤーを使ったチェック方法もあります。

髪が乾いているときにドライヤーで頭頂部の上から下に送風して、その風に臭いを感じたらば、頭皮は臭いを発していると考えられます。

こういったやり方は、男性・女性、大人でも子供でも2歳の幼児でもでも間違いありません。

枕が時間をかけて何度も皮脂が付くのとは違い、頭皮を直接触れて臭いがするのは、臭いのもとを作る菌が活発なのか、余分な皮脂を取り除けていないことが考えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする