過剰な皮脂になってしまう理由として、

洗髪、ストレス、ヘアドライ、食事、加齢といえるでしょう。

洗髪、つまりシャンプーで必要以上に皮脂を取り除いてしまっては、逆に乾燥から頭皮を守るためいつもよりたくさんの皮脂を分泌してしまいます。

それにシャンプー剤を洗い残すとそれは頭皮を刺激する原因になり、この場合も皮脂の分泌を増やします。

ヘアドライは、タオルだけでは頭皮も髪も水分を完全に乾かすことはできないので、体温によって残った水分が蒸れてしまい、皮脂が過剰に分泌されてしまう原因となります。

とは言えドライヤーで頭皮を乾燥させ過ぎてしまうこともあり、それもまた皮脂を分泌させてしまいます。

精神的なストレスは、体内のホルモンバランスを乱します。

そのことで、皮脂分泌に影響が大きい男性ホルモンが過剰に分泌されると多くの皮脂分泌になってしまいます。

年齢を重ねることで、肌の保湿と分泌される皮脂の量のバランスが崩れがちで、結果的には皮脂過剰な状態になってしまいます。

食事では、栄養バランスの不均衡、とりわけ揚げ物や甘いものをたくさん食べると皮脂の分泌が活発になります。

乳製品、果物、お菓子に含まれる糖分は、皮脂分泌につながりますので、それらの食べ過ぎは皮脂の過剰な分泌に直結します。

頭皮の匂いに気づいたとき、消臭スプレーでごまかしたが、ニオイが消えたとは思えなかった。

もしかしてこのニオイはある意味病気?頭皮の匂いに効くシャンプーはもちろん使っているが、洗っても何をしても治ったとは思えない。

臭うなと感じたときは、ドラッグストアーでおすすめのポップを見て購入し試したが、イマイチ効果を感じることができなかった。

人に効いても自分には効かないということもあるのだろうか。

皮脂は、頭皮のニオイに大きく影響しています。

なぜなら皮脂は、ニオイのもと肌の常在菌(マラセチア菌)のエネルギーになるからです。

皮脂が分泌されるのは、皮脂腺です。

皮脂腺は体中にありますが、とりわけ頭皮の皮脂腺の数は最も多いです。

それは、常在菌が生き続けるための餌をより多く作り出して、ひいては、常在菌が増える要因でもあります。

常在菌が増えれば、必然的に悪臭も増えるというわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする