実は頭皮は白い状態が正常です。

むしろ頭皮が赤いとトラブルが起きているかもしれません。

赤い頭皮は血流が悪い事を意味し、それは頭皮に問題を引き起こす原因になります。

顔色ならば、運動や入浴で毛細血管が刺激されて広がり赤くなります。

しかし頭皮は、事情が違います。

というのは、頭皮は一番てっぺんにあり血管が細く血行が悪いため白いわけです。

ですから運動や入浴をしていない通常時に頭皮が赤いということは、血行不良で皮膚が異常な状態にあると言えます。

頭皮に赤い部分があるときの原因として考えられるのは、まずはシャンプーです。

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を必要としていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、硫酸系の成分を利用しています。

○○硫酸は、洗う力は強いのですが、必要以上に頭皮の油分も水分も取り除いてしまい、頭皮には大きな弊害を与えることがあります。

そういったシャンプーを毎回使うことで頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、赤い部分が生まれます。

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系のシャンプーでさえ、問題がないこともないです。

その洗浄成分には様々なタイプがあって、頭皮との相性に影響します。

頭皮が赤い人は、シャンプー選びに注意して使いましょうね。

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、次はシャンプーのやり方です。

爪を立てて洗ったりなど、頭皮に力づくで容赦のない洗い方は絶対にいけません。

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、頭皮が赤い症状というのは、炎症も併発している可能性があり、症状の程度によっては当人と言えど素人では早く完全に治すのは難しいかもしれまsねん。

もちろん、素人ではその判断を正しくできるとは言えないので、面倒も医療機関に出向いて診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの主な症例としては、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などがあります。

素人判断で症状が悪化しないようにそれぞれの症状に最適な治療をするようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする