頭皮が赤いときの対策は、

シャンプー剤とシャンプーのやり方を再チェックします。

頭皮は炎症を起こしているので、刺激の強い硫酸系の成分を含有した商品は使わない方が無難です。

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほどの力はないくらいが丁度良いので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

注意点としては、アミノ酸系は確かに刺激は弱いのですが、使う人との相性が悪いことはないとは言えないので、その点に注意してシャンプー商品を選びましょう。

また、シャンプーのやり方についても見直しましょう。

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

しっかりシャンプーの泡を作って頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

その後はしっかりすすいで、ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)生乾きにならないように乾かします。

頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、紫外線対策をします。

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地上に降り注いでいますので、天気に関係なく外に出るときは、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に届かないように心がけます。

そもそも紫外線を浴びても支障がないように健康な頭皮にすることが大切です。

そのためには皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないようにします。

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、生活習慣の見直しが必要かもしません。

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが原因になりますので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

頭皮の赤みの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

シャンプーは、その用途から洗浄力を必要としていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

硫酸系の成分は、洗う力は強いのですが、使い方によっては残したい水分や油分さえ取り除いてしまい、頭皮環境にダメージを引き起こします。

そういったシャンプーを継続して利用すると頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系シャンプーでも無条件には安心できません。

その洗浄成分には様々なタイプがあって、皮膚と相性の良し悪しがあります。

口コミなどを参考にシャンプー選びに注意して利用しましょう。

自分に合うシャンプー剤を選べたら次はシャンプーのやり方です。

頭皮に力づくで容赦のない洗い方は汚れだけでなくシャンプー剤を洗い残すと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする