頭皮湿疹が特に痛くないと病気としてとらえない人は、

なかなか皮膚科に行こうとしない。

そもそも頭皮のブツブツは、空気の乾燥、皮脂の洗いすぎ、皮脂の洗い残し、汗によるかぶれなどいろいろなことが原因になって発症します。

フケや痒みについては、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べてその代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症からなるものです。

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、市販薬でも病院で処方される薬でも薬で対処する方が治りは早いですね。

治らないことは、ほぼありません。

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスが溜まっていませんか?ストレスは皮脂を増やす原因となり、皮脂が過剰にあるとニキビやできものを作り出す原因となります。

そのことからストレスは溜めないで、発散することが大切というのが理屈ですが、実は、ストレスを溜めこみやす人は発散がへたな人が多いのも事実です。

誰でもストレスを発散できる方法なんて言うものは、残念ながらないですが、やはりストレスの元凶から離れること、考えないことが基本中の基本ですね。

ストレスの原因が、「職場や学校」や「他人」などであれば、自分だけの場所や時間を探し出すことで離れられると思います。

自分の体形や性格など「自分自身」であれば、良くも悪くも割り切って認めることからスタートしてみませんか?ストレスが原因のできものは、ストレスが小さくなるだけでも改善が期待できますので、自分なりのストレス発散の方法をぜひ探してみましょう。

シャンプーから乾かすまでのやり方を見直すことで、頭皮のできもの対策になります。

最初、洗髪をする前にブラッシングをします。

次にぬるま湯でよくすすぎます。

そしてシャンプー剤は、掌でしっかりと泡立て、シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

できものがある個所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

それ以外の個所は、指の腹でマッサージをしながら洗って良いでしょう。

水分は、タオルで押さえるようにして水分を吸い取るようにしましょう。

後は、ドライヤーを使って髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

生乾きの状態は常在菌が増える原因になり、できものができやすい状態ですので、それを防ぐために乾かします。

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎないように注意してください。

できるだけできもの箇所には付けないようにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする