頭皮のできもの対策は、

ヘアケアのやり方を見直す必要もあります。

まずはシャンプー前にブラッシングをします。

シャンプー剤を付ける前にはぬるま湯でよくすすぎます。

そしてシャンプー剤は、手で泡を作ります。

泡の力で頭皮の汚れを落すというイメージです。

できものがある個所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

健康な個所は、指の腹でマッサージをしながら洗って良いでしょう。

水分は、タオルで押さえるようにして吸い取るイメージです。

後は、ドライヤーで頭皮と髪の毛を乾かします。

半乾きにしておくと、雑菌が繁殖しやすく、それはできものができやすいことを意味しますので、しっかりと乾かします。

トリートメントやスタイリング剤は、付け過ぎ厳禁です。

できるだけできもの箇所には付けないようにします。

頭皮にニキビなどのできものができてしまったらまず最初にすることはいつものシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

できものができてしまった頭皮から刺激物などの負担を極力なくす必要があります。

シャンプー剤が頭皮への負担の原因なのか探るために刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

具体的には一日に2回シャンプーをしていれば、1日おきなどにします。

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

なお、低刺激のシャンプーといえば、代表的なのはアミノ酸系のシャンプーです。

洗浄力が高い「~~硫酸」とか「~~スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れが落としながらも頭皮への刺激は少なくて済みます。

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスが溜まっていませんか?ストレスは皮脂を増やす原因となり、余分な皮脂はニキビやできものを作り出す原因となります。

そのことからストレスは溜めないで、生活することが大事というのが正論ですが、ストレスを溜めやすい人は発散がへたな人が多いのも事実です。

誰でもストレスを発散できる方法なんて言うものは、残念ながらないですが、やはりストレスの元凶から離れること、考えないことが基本になります。

ストレスの元凶がたとえば家の外であれば、その中でも誰にも干渉されない場所を見つけることで離れやすいと思います。

家の中や自分自身の場合は、良くも悪くも割り切って認めることからスタートしてみませんか?ストレスが原因のできものは、ストレスが小さくなればなるほど改善が期待できますので、ストレスをちょっとでも発散できる方法をぜひ探してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする