頭皮や髪にはシリコンは良くない耳にしたことがあると

健康な髪や頭皮にするためにはシリコンが含まれないヘアケア商品にするのかと思われる方がいますが、実はそんなことはありません。

一般に使われるシリコンは、天然に存在する有機化合物でケイ素の仲間です。

ヘアケア製品、基礎化粧品(保湿剤など)、コスメ製品などスプレーかどうか形状に関係なく、コスパの良し悪しはあってもヒトの肌に触れる製品や医療関係にも滝に使われています。

シリコンは、ヘアケア製品として髪を滑らかにする、艶を出す役割があります。

洗髪の時だけでなく、乾かすときでもブラシを使うときでもそれ以外の生活でも髪へのダメージなどから守る役割もあります。

シリコンは、髪の毛や毛穴(頭皮)に蓄積されてしまうというイメージを持つ方がいると思いますが、市販シャンプー、芸能人愛用シャンプー、美容院やサロンの取扱品、男性用女性用にかかわらず、毛穴や髪にシリコンが蓄積するということはありません。

ふつうは、シリコンと洗浄成分が時間差で働くようになっているので、古いシリコンが洗浄され、そのうえで新しシリコンが到達するというメカニズムです。

痒みや臭い、乾燥やフケ、べたつきなどは症状の違うトラブルですが、元の原因は一緒でヒトの肌に常在するマラセチア菌が疑わしいと思われます。

常在菌は、脂肪酸を出し活発になればなるほど大量に出します。

菌や脂肪酸のせいで、肌の再生サイクルに支障をきたし、過敏な状態になります。

トラブルの内容は、男性、女性によっても違いがあり、たとえば頭皮が乾燥してフケが出たり、チクチクとした痒みがあったり、べたついたり、トラブルが同時多発的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする