頭皮の問題(乾燥、べたつき、フケ、ニオイ、痒み)を

なくすためには、発症の犯人であるマラセチア菌に注目しましょう。

それらを完全排除する必要はありませんが、少なくすればトラブル発症度合いを軽減することが可能です。

どうするかというとマラセチア菌の餌の皮脂を適正量にします。

餌がなければ、活動が弱まって増えることもないからです。

それとマラセチア菌は、頭皮のほか、厄介なことに毛穴にも常在します。

つまり、毛穴までケアしないといけないということです。

頭皮のケアは毛穴のケアでもあるということになります。

シャンプーでもクレンジングでもオーガニック製品にしても、方法ありきではなく頭皮毛穴ケアをきちんとできないと健康な髪にするのは難しいということです。

頭皮ケア用というシャンプーは髪のケアができないということはありません。

頭皮ケア用シャンプー等の製品は、頭皮のトラブルを修復させながら髪に作用するなど髪のために働く機能があるものもあります。

自分の頭皮や髪の状態に合わせて製品選びすることをおすすめします。

アデランスなども専門メーカー品に注目すると意外と簡単に選べそうです。

もっとも頭皮ケアに限れば、あなたが30代であれば、人気のパナソニック製マッサージャーを利用したり、歪みを気にすることで、顔のたるみ改善にもなります。

頭皮や髪にはシリコンは良くない聞いたことがあると、頭皮や髪をいたわるため絶対にノンシリコンにすべきと考えがちですが、実はそんなことはありません。

一般に使われるシリコンは、天然に存在するケイ素系の有機化合物です。

メイクアップ製品、基礎化粧品(化粧水など)、ヘアケア製品などオイル系かどうか関係なく、コスパの良し悪しはあってもヒトの肌に触れる製品や医療の現場にも広く使われる原料です。

ヘアケア製品でいうとシリコンは、髪につやを出したり、滑らかにしたりする役割があります。

シャンプーだけでなく、ドライヤーの使うときやそれ以外の生活でも髪へのダメージなどから傷むのを防ぐ効果もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする