汗を放置すると不愉快にニオイのもととなります

汗対策は、頭皮湿疹の予防にもなります。

ネットでの口コミによれば、重曹とハッカ油を利用して制汗剤や消臭剤を手作りできるので、デオドラントにはおすすめですが、汗拭きシート、制汗スプレーなどコンビニでも買える汗ケア商品でもまめに汗対策することが大切です。

何を使えばいいか、最初は売れ筋ランキングの上位から選べばほぼ間違いないでしょう。

美容室やサロンでよく聞く話だと、ヘッドスパや頭皮のクレンジングは気持ちもさっぱりするし、頭皮の臭い対策としても良いようです。

ただし、毎日のシャンプーはもちろんシャンプー後のケアが大切とのことです。

毎日のシャンプーに注意しても乾燥が激しい場合は、オイルシャンプーまたはオイルクレンジング、それとオイルマッサージも考えてみるといいかもしれません。

それと最近の流行では、塩浴です。

シャンプー剤や石鹸・ボディソープなどを使わずに塩で洗うというやりかです。

例えば、海で海水が付いた髪が数時間後にべたつくのと原理は同じで、余分な皮脂が塩分によって浮かすということです。

頭皮のニオイは、皮脂によって変わります。

というのも皮脂は、脂肪酸のニオイを発生させる肌の常在菌が活動するための餌になるからです。

皮脂は、皮脂腺から分泌されます。

肌のすべてに皮脂腺はあって、特に頭部には多いです。

それは、常在菌が生き続けるための餌をより多く作り出して、ひいては、常在菌を増やす要因でもあります。

常在菌が増えることで、必然的に悪臭も増えるというわけです。

過剰な皮脂になってしまう理由として、洗髪、ストレス、ヘアドライ、食事、加齢が考えられます。

洗髪で皮脂のなくてはいけない分さえも洗い流してしまうことで、逆に乾燥から頭皮を守るためいつもよりたくさんの皮脂を分泌してしまいます。

それとシャンプーをしっかり流しきらないとそれは頭皮を刺激する原因になり、皮脂の分泌を増加させてしまいます。

ヘアドライは、ドライヤーを使わないと髪はもちろん頭皮の水分も完全に乾かすことはできないので、残った水分と体温で蒸れて、それが皮脂の過剰分泌につながります。

もっともドライヤーによる熱風は、頭皮を乾かしすぎるとやり過ぎの乾燥は皮脂を余分に分泌させてしまいます。

ストレスは、自律神経の作用を乱します。

そのことで、皮脂分泌に影響が大きい男性ホルモンが活発に分泌されれば、多くの皮脂分泌になってしまいます。

年齢を重ねることで、皮脂の分泌量と肌の水分量のつり合いが乱れ、相対的には皮脂の分泌が多くなってしまいます。

食事については、栄養バランスの不均衡、とりわけ揚げ物や甘いものをたくさん食べると皮脂の分泌が活発になります。

乳製品、果物、お菓子に含まれる糖分は、余分に皮脂を分泌することとなりますので、糖分が多いものを食べ過ぎるとそれだけ余慶や皮脂が増えることとなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする