精神的ストレスや睡眠時間の不足、食生活の乱れも

痒みやフケを伴う頭皮乾燥を体の内面から起こす原因です。

精神的なストレスがたまったり寝不足は、全体的に血行が悪くなります。

すると体の代謝力が低くなって、角質の入れ替わりの肌再生のサイクル(ターンオーバー)が、正しく行われにくくなります。

そうすると肌が持つバリア機能や保水する力が低下し、乾燥してきます。

この乾燥メカニズムは、頭皮でも同様です。

ちなみにアトピー性皮膚炎は、肌再生のサイクルが、短い状態です。

肌再生のサイクルを正しく行うためには、まず正しい睡眠が必要です。

睡眠は、最初の90分間で深い眠りになるので、この最初の深い眠りをしっかり眠ることが大切です。

それと食事の摂り方です。

ビタミンを正しく摂れないことが問題ですが、特にビタミンB6とビタミンAは新陳代謝を促すことに寄与するので、上手に摂れるように心がけましょう。

ビタミンAはほうれん草、人参、紫蘇(しそ)から摂りやすいです。

ビタミンB6はレバーやマグロで十分に摂れますが、バナナなら簡単に摂れますね。

なぜ頭皮が乾燥するのか、その原因は、いくつかあります。

最も大きい理由としては、シャンプー剤の成分です。

これは、男性や女性、赤ちゃんから年配者まで夏でも冬でも季節に関係なく、対策用の工夫は必要です。

頭皮の最低限の皮脂さえも取り除いてしまうことで、頭皮乾燥につながり、それが酷くなるとかさぶたの様になります。

また、ドラッグストアで買えるシャンプーやヘアトニックなどを利用する頻度が高いとか、頭皮に爪を立てる・ゴシゴシ洗うなども原因になると言えます。

それと洗髪に熱いお湯を使っても必要以上に皮脂が取れてしまい、乾燥の改善を阻みます。

このように髪や毛穴の清潔さを保つための洗髪が原因となり、頭皮の乾燥を引き起こしてしまいます。

他、頭皮には避けたい刺激といえば、UVや寒さ、空気の乾燥等がありますので、積極的な保湿を意識しましょう。

フケが取れないからと1日に2回以上シャンプーしているなら、それは止めましょう。

シャンプーのし過ぎは、最低限なくてはならない頭皮の油分や水分を過剰に洗い流してしまいます。

そのことが皮脂を過剰に分泌したり、ひいては臭いの原因になるので、洗髪は、一日に2回以上しないよう心掛けた方がいいです。

そして洗髪は、濡らす前のブラッシング、十分に濡らして泡をたて、指の腹でマッサージするように洗います。

また、後頭部から耳の後ろ、そして頭頂部と洗う順番も意識しましょう。

最後はしっかりとすすいで、頭皮のシャンプー剤をきちんと洗い流します。

場合によっては、オイルシャンプーやオイルマッサージなどのケア方法をおすすめしますが、頭皮の状態に合わせて検討してください。

もし、皮膚科などから処方された薬があるなら人気ランキングの上位にある商品であっても頭皮のオイル(ワセリン等)やローションは控えた方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする