顔にできるにきびと頭皮にできるニキビは、

どんな違いがあるでしょう。

痛い思いをするのは同じでもにきび原因や治し方など治らないと思っている人には、不思議な点かもしれません。

知らない人が多いと思われるのは、顔にできるニキビと頭にできるニキビは、医学上は同じです。

顔面と頭皮、どちらも原因は毛穴に皮脂が詰まったせいです。

顔でも頭でも条件が揃えば、にきびはできます。

頭皮については、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が活発です。

また、顔に比べて髪が長いことが多く、顔面のにきびほど目立たないので、十分なケアになっていないことが多いです。

そのような理由で、頭にできるニキビは治らないという印象が強いかもしれません。

頭にできるニキビは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚のターンオーバーを正常にすることが大切です。

同時に外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが重要です。

それを実現するためにできることをお話しします。

ストレスをなくす、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮を清潔にする、頭皮に優しい洗髪をする。

以上です。

総じていえば規則正しい生活の上、頭皮を優しくケアすることがとても大切ということです。

男性でも女性でも生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

(花王のキュレルはおすすめとも聞きますが)頭皮にかさぶたがあって痛いかゆい頭皮ニキビの対策方法は原因排除が重要で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですから洗髪には注意が必要です。

たとえば、頭痛があってフケだらけならオロナインでは治らないことが多く、そのケースでの原因は、ストレスの可能性もあります。

頭皮にニキビがたくさんできた、またはできやすい人は、洗髪のやり方を見直しましょう。

大事なことは、どんな成分でもシャンプー市販剤を頭皮に直接つけないこと、毛穴に詰まった汚れはきちんと落とすこと、地肌に爪を立てず指の腹で洗うこと、そしてシャンプー剤は毛穴に残らないように十分にすすいで流しきることです。

洗髪後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする