痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないために

シャンプーは、頭皮の汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのは禁物です。

(かゆみなしの子供も同じ)基本は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

温めの温度は、38℃くらいでしょうか。

頭皮に刺激が強すぎてはいけません。

シャンプー剤は、適量手のひらにのせよく泡をたたせます。

その泡を頭全体に馴染ませて指の腹で頭皮をマッサージするようにまんべんなく洗いましょう。

すすぎは、泡を完全に取りきるようにしっかりを流します。

濡れた髪は、タオルドライの後、頭からドライヤーを離し、熱風が直接髪にあたらないように注意します。

これにより頭皮の湿疹の原因にないようにしましょう。

当然、抜け毛の予防にもなります。

洗髪前にブラッシングするとき、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方もありますが、油断せず患部の画像も見てください。

それが油断した結果かもしれません。

原因にはストレスも考えられるので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。

頭のケアは、シャンプーと保湿が大切です。

シャンプーは、皮脂を取り除くことに集中しているかもしれませんが、頭皮は顔と同じで、べたつきも乾燥もします。

痒みが出るときもあるので、無意識に掻いては治まりを繰り返すことで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

酷いときは、ネットで検索できるような画像と同じように発症することもあります。

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

ストレスが原因かもしれませんし。

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

例えば、後頭部の炎症がなかなか治らないという場合は、枕と炎症部分が擦れることで、それが原因になることがあります。

常に枕のカバーは清潔さを持続して、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

案外見過ごせないのは子供の抜け毛です。

かゆい、痛い等と言っていないか注意しましょう。

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、療養のポイントは頭皮保湿と洗髪です。

頭皮湿疹の画像を見ると結構ひどい見た目でまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の定番として皮膚科に入ったのでしょうか?治らないときには、ストレスをなくすことや薬も必要です。

わかっているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。

全身のうち頭皮は、皮脂腺や汗腺がとても多く常に分泌しています。

特に皮脂腺は、体の中で頭皮が一番多くその数は、Tゾーンの2倍以上あります。

頭皮も顔のお肌も皮膚の構造は同じです。

頭皮のトラブルもそれ以外の肌のトラブルも同じだと認識しましょう。

シャンプーは顔にも使えるものを使い、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

子供でさえかゆいや痛いというなら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする